〜幕末トラベラーズ〜

日本史用語集

明治時代(前半)

(ごかじょうのごせいもん)
五箇条の御誓文ってなんのこと?

(画像出典:https://www.ac-illust.com/)

五箇条の御誓文とは、1868年(慶応4年=明治元年)、明治政府がその発足にあたって宣言した政治の理念のこと。5項目にまとめられている。

内容については、越前福井藩出身の由利公正 (ゆりきみまさ)が起草し、長州藩出身の木戸孝允(きどこういん)が完成させた。

江戸期の幕府政治を一新することの決意表明といえる。「公論(公議世論)」を重視し、開国和親の政治姿勢を示した。一方で明治天皇が神々に誓うという儀式で発表することで、天皇の権威を高めることをねらった。

明治新政府の基本的な政治理念

五箇条の御誓文(ごかじょうのごせいもん)とは、明治新政府の基本的な政治理念を5カ条にまとめた文書のことです。
明治天皇がこの理念のもとに新たな政治を行うことを日本の神々に誓いました。その儀式が京都御所の紫宸殿 (ししんでん) で行われたため、「御誓文(誓文)」と呼ばれているのです。

御誓文の儀式が行われたのは慶応4年(1868年)3月14日。戊辰戦争のさなか、新政府軍(官軍)がいよいよ江戸城を攻撃しようとしていたころです。
では、その内容を見てみましょう。

【五箇条の御誓文】

一、広く会議を興し、万機公論に決すべし (ひろくかいぎをおこし、ばんきこうろんにけっすべし)

一、上下心を一にして、盛に経綸を行ふべし (しょうかこころをいつにして、さかんにけいりんをおこなうべし)

一、官武一途庶民に至る迄各其志を遂げ、人心をして倦まざらしめん事を要す (かんぶいっとしょみんにいたるまでおのおのそのこころざしをとげ、じんしんをしてうまざらしめんことをようす)

一、旧来の陋習を破り、天地の公道に基くべし (きゅうらいのろうしゅうをやぶり、てんちのこうどうにもとづくべし)

一、智識を世界に求め、大に皇基を振起すべし (ちしきをせかいにもとめ、おおいにこうきをしんきすべし)


【口語訳(意訳)】

一、さまざまな問題について会議を開き、どんなことでも話し合って多くの人々が賛同できる決定を採り入れましょう。

一、身分の上下にかかわらず心をひとつにして、国の政治に大いに力をつくしましょう。

一、役人も武士も庶民も、皆がそれぞれ自分の目標を達成できるようにし、人々がやる気や希望を失わないようにすることが大切です。

一、これまでの悪い慣習や考え方をやめ、誰にとっても明瞭な自然の道理に基づいて物事が行われるべきです。

一、知識や知恵を世界から学び取り入れ、わが天皇の国を大いにふるわせ発展させましょう。


これら5項目のどれもが、江戸時代の封建制から近代国家として生まれ変わるための重要な理念をうたっていると言えますが、なかでも注目すべきは第一条の「広く会議をおこし、万機公論に決すべし」という、いまの民主主義の基本的な考え方に重なる条項です。これは武力を背景にした封建的統治社会で、将軍や老中など一部の為政者が自分たちだけで物事を決め政治を行うというスタイルから大きく転換した政治思想といえます。

また、第5条の「知識や知恵を世界から学び取り入れる」という文言は、広く海外との交流を目指した「開国和親」の精神に沿ったものといえます。もともと倒幕・維新をなしとげるための大きな原動力となったのは、日本を守るために外国の影響を排斥する「攘夷(じょうい)の考え方でしたが、御誓文ではこれをはっきり否定しています。

ただし御誓文が発せられた当時の状況は、現在とは大きく異なります。「会議」という言葉の意味も現在と同じではありません。この当時、まだ各藩には大名がいて家老がいて武士たちが庶民を治め、社会のあらゆるところに身分的な階層構造が存在していました。会議、公論と言っても、本当にすべての人々が参加できる現在の民主主義社会にはまだ遠いものがあったといえるでしょう。

とはいえ、政権の頂上にある天皇がそうした理念を天下に明らかに示すというのはたいへん画期的なことでしたし、その開明的な精神は現在にいたるまで日本の社会に連綿 (れんめん)と生き続けているともいわれます。

五箇条の御誓文の生みの親・由利公正

五箇条の御誓文の元となる文書を起草したのは、越前福井藩出身の由利公正 (ゆりきみまさ)です。かれは開明的な学者である横井小楠(しょうなん)を師として学問にはげみ、福井藩トップの松平春嶽(しゅんがく)の信頼を得て、明治新政府で財政の仕事(御用金穀取扱方)についていました。

由利は、1868年(慶応4年)に新政府軍と旧幕府側との戦い(戊辰戦争)が勃発するなかで、新たな明治政府がどんな政治をめざすのか、これまでの幕府政治とどう違うのかをわかりやすく世間に発表することが重要であると考え、岩倉具視にそのことを提案していました。岩倉もそうしたことは必要であろうとかねてから考えていたことから、由利は自ら筆をとり、明治政府が取るべき大方針を簡単な5カ条にまとめたのです。

それが「議事之体大意 (ぎじのていたいい)と名付けられた文書です。


【由利公正が作成した「議事之体大意」】
 (五箇条の御誓文の元となった文書)

一、庶民志を遂げ、人心をして倦まざらしむるを欲す

一、士民心を一にし、盛に経綸を行ふを要す

一、知識を世界に求め、広く皇基を振起すべし

一、貢士(こうし)期限を以て賢才に譲るべし
(各藩から選ばれて中央に採用された人も、期限が来たら他の才ある人と交代しなければならない)

一、万機公論に決し、私(わたくし)に論ずるなかれ
(すべての問題について多くの人が賛同できる論に決定することが重要で、自分たちの都合で論じてはいけない)

これを見ると、4番目の項目の内容と各要素の順番が違っているほかは、完成版の五箇条の御誓文とだいたい同じであることがわかります。つまり由利公正が五箇条の御誓文の「生みの親」と言ってよいでしょう。

木戸孝允の修正によって御誓文が完成!

由利は自分が作成した五項目(議事之体大意)を土佐藩出身の福岡孝弟 (たかちか)に見せました。すると福岡は「万機公論に決し、私に論ずるなかれ」の文言を、「列侯会議を興し、万機公論に決すべし」と書き直しました。「列侯」というのは要するに大名のことです。
土佐藩のトップである山内容堂は伝統的な武士世界の秩序を守りたいという意向をもち、福岡の案はそれを反映したものといえます。万機公論の対象を「大名の会議」と限定してしまったため逆に封建制の方向に逆戻りしたような感がありますが、当時としてはごく常識的な考え方の一つとも言えます。

その後、この案を修正して「五箇条の御誓文」として最終的な形を整えたのが、長州藩出身の木戸孝允(きどこういん) です。木戸は明治維新の三傑のひとりで、政府の上層部のなかでは最も開明的といわれ、従来の藩の概念にしばられない自由な考え方を持った人物でした。かれは福岡案の「列侯会議」という文言を削除し、「広く会議を興し」と書き直しました。その他、いくつかの添削を行って「五箇条の御誓文」を完成形に仕上げたのです。

もうひとつ重要なポイントは、御誓文の発表の形式です。由利や福岡らがこの政府の大方針を、「天皇が諸大名と共に約する」という形を考えていたのに対し、木戸は「天皇が諸侯を率いて天神地祇 (てんしんちぎ)(天地の神々)に誓う」という形式に変えました。このことでこの五カ条の条文がより重みをもつとともに、天皇の権威をも高めることにつながったのです。

御誓文の儀式が行われる

御誓文の儀式が行われたのは慶応4年(1868年)3月14日です。場所は京都御所の紫宸殿で明治天皇が臨席し公家や諸侯を従える形で、副総裁の三条実美 (さねとみ)が神前で御誓文を読み上げました。

こうした発表の形式は御誓文の内容とはそぐわない感もありますが、富国強兵を急がなくてはならない明治政府は、開明的な近代国家としての体裁を整える一方で、強権的な政治を推し進めざるをえないという制約を背負って歩んでいくことになるのです。

【参考文献】

・笠原一男著『日本史研究』山川出版社、1997年

・古川清行著『スーパー日本史』講談社、1991年