幕末トラベラーズ

生麦事件発生地【PHOTO 1】

生麦事件発生地

■生麦事件発生地 (京浜急行本線・生麦駅。地名の由来は江戸時代、この周辺一帯が麦畑であったことから)

生麦事件発生地

■生麦事件発生地 (旧東海道。奥行き方向が神奈川(横浜)方面。品川宿から進んできた島津久光の一行は、このあたりで馬上の英国人4名に遭遇。随行の藩士たちは、騎馬で行列を乱した彼らを無礼打ちにした。当時の道幅は今とだいたい同じ(4間)だったという)

生麦事件発生地

■生麦事件発生地 (生麦事件の現場。当時ここは豆腐屋の村田屋勘左衛門宅だった)

生麦事件発生地

■生麦事件発生地 (無礼な異人を斬り捨てたという事件は、攘夷の世論が沸騰する当時、「壮挙」として受け止められた。尊皇攘夷の総元締的な存在だった長州では、薩摩に遅れてはならじと、高杉晋作らが品川御殿山に建設中のイギリス公使館を焼き討ちにするなど、攘夷運動がますます加熱することとなった)

生麦事件発生地

■生麦事件発生地 (神奈川(横浜)方面から。生麦事件現場の立て札は左側になる。この道を川崎大師へ向かっていたイギリス人4名に思わぬ悲劇が待ち受けていた。なお、横浜の居留地に在住の外国人は、東は六郷川(多摩川)の手前まで自由に旅行することができた(西は小田原手前の酒匂川、北は八王子まで))

「生麦事件発生地」のページへ戻る

横浜の史跡マップ

横浜の史跡マップへ

「幕末トラベラーズ」のトップページへ