幕末トラベラーズ

松下村塾【PHOTO 1】

松下村塾

■松下村塾 (松下村塾の講義室)

松下村塾

■松下村塾 (講義室の隣の間に掲げられている松下村塾ゆかりの人々の肖像。左上から、久坂玄瑞(塾生)、高杉晋作(塾生)、松陰先生、前原一誠(塾生)、木戸孝允(門下生)、山田顕義(塾生)、品川弥二郎(塾生)、野村靖(塾生)、山県有朋(塾生)、伊藤博文(塾生)、境二郎(塾生)、飯田吉次郎(塾生)、河北義次郎(塾生))

松下村塾

■松下村塾

松下村塾

■松下村塾 (「親思ふ こころに勝る親心 けふの音づれ何ときくらむ」 自分が処刑されることを悟った松陰が、江戸から故郷宛ての手紙の中でしたためた)

松下村塾

■吉田松陰幽囚ノ旧宅 (密航を企てた罪で伝馬町の牢に入ってのち帰国。萩ではいちど野山獄に入れられたが、1年後に許されて実家に預けられ、この3畳半ほどの部屋に幽囚の身となった。松陰はここで1年半ほど教え、弟子が増えると松下村塾に移って約1年教えた。そしてまた反幕的な言動を咎められて江戸に送られ、最期をむかえる)

松下村塾

■松陰神社 (松下村塾に隣接した松陰神社)

「松下村塾」のページへ戻る

萩の史跡マップ

萩の史跡マップへ

「幕末トラベラーズ」のトップページへ