〜幕末トラベラーズ〜

日本史用語集

江戸時代

(たぬまおきつぐ)
田沼意次ってどんな人?

(画像出典:https://www.photo-ac.com/)

田沼意次:享保4年(1719年)〜天明8年(1788年)

田沼意次は江戸時代の側用人・老中。積極的に株仲間を公認し専売制を拡大するなど商業資本との提携を進めたが、賄賂の横行で 政治腐敗が極まり、将軍家治の死去とともに失脚した。

解説

この人は、江戸幕府の老中の中でもとてもユニークな人で、商業を盛んにすることに情熱をもやした。江戸幕府はもともと米を中心とした経済政策をとってきたのだが、商品経済が発達するにつれてだんだんとこの原理がくずれてきた。早くいえば、商人がどんどん金持ちになり、幕府は貧乏になってきたのだ。

8代将軍の徳川吉宗は享保の改革を行って、税金(年貢)を増やしたりしてなんとか幕府のフトコロ具合をよくしようとした。これはある程度うまくいったが、やはりそこには限界があった。 そこで、田沼意次は積極的に商人を利用することで、豊かな商人から税金を取ったほうが手っ取り早かろうと考えたのである。

「米作りでかせごうなんて時代遅れじゃ。これからは金がなけりゃだめなんじゃ。ゼニやゼニや!」と言わんばかりに着物のたもとをひろげ、あらゆる商人からワイロをとりまくったのである。

意次は株仲間を公認し、専売制を拡張した。商人を儲けさせる代わりに運上金・冥加金(みょうがきん)などをガッポリいただくのである。また、下総の印旛沼や手賀沼を農地に変えて(つまり干拓をして)田んぼを造り、年貢収入を増やそうと考えた。干拓の費用はもちろん商人に出資してもらうのだ。

意次はまた、蝦夷地(えぞち)を開発してロシア貿易を盛んにしようとも考えていた。 意次の計画はなかなか斬新ではあったけれど、一部の商人以外からは、おしなべて批判的な眼で見られていた。とくに幕閣などからは、「田沼のやつ、低い身分からのし上がって上様(家治)に気に入られていることをいいことに、やりたい放題やってやがる!」と思われていたのだ。 そんなふうなわけで、意次は将軍家治が亡くなるとあっという間に失脚し、その計画も多くは中途で頓挫してしまったのである。

もうちょっと詳しく…

田沼意次の父は紀州藩の足軽の生まれ。家柄としてはずいぶん低いほうだが、そのころ鳴かず飛ばずの部屋住みだった徳川吉宗に仕えていたことが幸いし、吉宗の将軍就任に伴って幕府旗本となった。意次もその跡をつぎ、将軍家重(いえしげ)・家治(いえはる)に重用されて、出世街道をのぼり、明和4年(1767年)ついに家治の側用人(そばようにん)となり、安永元年(1772年)には老中となった。

意次が行った政策としては、前にあげた株仲間公認や印旛沼干拓、蝦夷地開発のほかに、俵物の輸出奨励や南鐐二朱銀の発行などがある。

俵物とは、いりこ・ほしあわび・ふかのひれなどを俵に詰めたもので、蝦夷地で生産され、長崎から清(中国)に輸出された。これらは中国料理の高級食材として珍重されていたのだ。ちなみに「いりこ」というのは煮干しのことではなく「干しなまこ」のことだ。

また、南鐐二朱銀(なんりょうにしゅぎん)とは額面が決められた計数貨幣のこと。江戸時代の通貨のうち、西日本で主に使われていた銀貨は、重さによって価値を計る秤量貨幣(ひょうりょうかへい)で、額面が固定されている金貨との交換が不便だった。このため通貨の流通を円滑にしようとして発行されたのが、計数貨幣である南鐐二朱銀である。商業を重んじた田沼意次の政策として特筆される。

意次は老中となって権勢をほしいままにし、商人からワイロもどんどん取っていた。こんなことから幕府内や一般民衆の間でもまったく評判が悪かった政治家である。