〜幕末トラベラーズ〜

日本史用語集

江戸時代

(とくみどんや)
十組問屋ってなんのこと?

(画像出典:https://www.photo-ac.com/)

十組問屋(とくみどんや)は、元禄7年(1694年)に江戸で成立した同業者組合(株仲間)のこと。

解説

十組問屋(とくみどんや/とくみどいや)は、元禄7年(1694年)に江戸で成立した同業者組合(株仲間)のこと。 江戸時代、大坂から江戸へ送られる商品は、菱垣廻船 (ひがきかいせん) という船が使われていたのですが、当時は航海技術や天候の予測技術が未熟のため途中で難破し、積荷が失われることがよくありました。また、荷主と船問屋(船主)のあいだでトラブルも多かったため、同業者どうしで問屋仲間をつくり、商品輸送の管理・支配を行うということを目的として結成されました。

十組というのは、塗物組、内店組、通町組、薬種店組、釘店組、綿店組、表店組、川岸組、紙店組、酒店組の10業種。のち業種の数は増えましたが、名称は十組問屋のままとなりました。

また、江戸で十組問屋が結成されたことを受けて、大坂でも二十四組問屋(設立当初は十組)ができ、江戸の十組問屋の注文を受けて輸送するための手配・管理を行いました。

ついでに…

最初十組問屋の中にはいっていた酒店組(酒類を取り扱う問屋)は、享保15年(1730年)に十組仲間から抜けて、独自に樽廻船 (たるかいせん) を運航させるようになりました。菱垣廻船はさまざまな荷物を混載するために出港するまで日数がかかり、商品が傷みやすいという欠点があったからです。

したがって樽廻船は酒専門の高速輸送というのが特徴でした。その利便性が好評となりしだいに他の商品も扱うようになり、従来の菱垣廻船は客を奪われて衰退しました。