〜幕末トラベラーズ〜

日本史用語集

江戸時代

(めやすばこ)
目安箱ってなんのこと?

(画像出典:https://www.ac-illust.com/)

目安箱とは享保の改革のときに設置された投書箱のこと。

解説

目安箱とは、徳川吉宗の享保の改革のとき、一般庶民の幕政についての意見をもとめるために評定所前に設置された投書箱のことです。目安とは、読みやすく箇条書きにした文書のことですが、江戸時代にはおもに「訴状」のことをさしていました。

目安箱に投書したい人は、毎月3回決められた日の午前中に江戸城外(和田倉門外・辰ノ口)の評定所前の箱に入れる必要がありました。のちには、京都、大坂、甲府、駿府(静岡)でも、幕府への投書ができるようになったといいます。
書面には住所と氏名を記すことが義務づけられていて匿名の投書は受け付けられませんでした。住所氏名がないものはすぐに焼き捨てられたそうです。

目安箱に入れられた意見書は、直接将軍みずから内容を確認しました。貧しい病人のための療養施設である小石川養生所が設けられたのは、小川笙船 (おがわしょうせん)という町医者が目安箱に投書したのがきっかけです。一介の町医者の要望が将軍に届き、さらにはその意見を将軍が聞き入れて実行に移すなど、それまでの幕政では考えられないことでした。

また、なかには幕政や役人を批判する投書もありました。紀州の浪人・山下幸内 (やましたこうない) は、「倹約令は全体の経済のためにはならないんじゃないですか?」とか、「将軍が鷹狩りを盛んに行うせいで、現地の百姓は大迷惑ですよ!」とか、「御政道」ばかりか将軍自身をも批判する投書をしたのです。目安箱の制度があったからこそできた意見具申といえますが、仮にこんなことを吉宗以外の将軍に対して発言したならば、死罪になっても文句はいえません。ところが吉宗はこれに対して「よく言ってくれた!」と、山下幸内に褒美を出したそうです。吉宗の度量の広さを表している出来事といえるでしょうね。

目安箱には、実際に一般庶民の声を幕政の参考にすることのほか、こうした制度を設けることによって庶民の不満をやわらげる、役人の不正や怠慢を防ぐ(役人自身が庶民から訴えられやすくなるため)という効果も見られたようです。