〜幕末トラベラーズ〜

日本史用語集

江戸時代

(きょうほうのかいかく)
享保の改革ってなんのこと?

(画像出典:https://www.photo-ac.com/)

享保の改革:享保元年(1716年)〜延享2年(1745年)

享保の改革は、江戸幕府8代将軍・徳川吉宗による幕政改革のこと。幕府財政の再建や行政の諸改革を推進した。

解説

享保の改革 (きょうほうのかいかく)は、将軍・徳川吉宗が主導した江戸中期の幕政改革です。年貢をふやし米価を調整するなどして幕府財政の再建をめざし、また行政の諸改革を推進しました。

8代将軍・徳川吉宗は、現代の会社でいうならワンマン社長タイプですね。それまでの将軍がどちらかといえばお飾り的で、じっさいの政治は老中や側用人 (そばようにん)が主導していたのに対し、吉宗は自分が先頭に立って何でもやらないと気が済まないタイプの将軍でした。

体育会系の吉宗は「何事も権現様(家康)お定めの通り」をモットーに、正徳の治などという文治政治に凝り固まっていた新井白石をすぐにクビにし、綱吉時代に中止されていた鷹狩りを復活させたり、家康が祀られている日光への社参を大々的にやったりして、幕府の威光を取り戻し、太平の世にゆるんだ人心を引き締めようとしたんですね。そうすれば幕府の財政も自然に上向くであろうという期待があったんですね。

享保の改革の内容

吉宗の施策はもちろんそうしたデモンストレーションばかりではありません。幕府財政の回復のために倹約をむねとし、四公六民だった年貢率を五公五民にふやし、天候による米の取れ高の変動にかかわらず一定量の年貢を徴収する定免法 (じょうめんほう)を採用しました。

また、上米 (あげまい) の制を定め、各藩に対して1万石につき100石の割合で幕府に献上させました。(そのかわり、大名の参勤交代の江戸在府期間を1年から半年に緩和しました)

足高 (たしだか) の制では、有能だが禄高のひくい人材を特定の職に就かせるために、その職にある間のみ禄高をふやしました(禄高と就任可能な職は対応しているため)。

このほか、キリスト教以外の洋書の輸入を緩和したり、金銭貸借に関する訴訟を当事者どうしで行わせて奉行所の負担をかるくさせる相対済令 (あいたいすましれい)や、評定所前に目安箱を置いて、幕政への意見を一般から求めたりと、斬新な政策をつぎつぎに打ち出しました。小石川療養所の設置は目安箱の投書がもととなっているんですね。

改革の結果はどうだったかといえば、吉宗の治世にかぎっていえば幕府の財政は好転し、幕威も回復し、それなりの成果があがったといえます。でも重税やきびしい倹約令によって農民や町人の不満はつのり、一揆の回数も享保年間で177回も起きました。

結局、商品経済が成長してきている世の中で、米による増収には限界があったんですね。どういうことかと言えば、商品経済とはモノとモノとを(お金を媒介にして)交換し合い、お互い足りないものを補い合って暮らしを豊かにしようよという考え方のこと。これはタテの関係が基本の封建社会とは基本的に相容れない考え方なんですね。でも封建社会の頂点に立つ将軍として、吉宗はなんとか米のやり取りをベースとしてできあがっている社会(米というのはつまりは「土地」のことですね。封建社会は土地の支配権を与えたりもらったりという関係で成り立っている社会)を守ろうとします。

米の経済にこだわり続け、「米将軍」ともあだ名された徳川吉宗ですが、その施策で無理をした部分は、つぎの田沼時代で反動が出ます。つまり吉宗とはまったく正反対の商業主義の時代となり、そしてしだいに本格的な幕政のゆらぎへとすすんでいくことになるんです。