〜幕末トラベラーズ〜

日本史用語集

江戸時代

(けいあんのへん)
慶安の変ってなんのこと?

(画像出典:https://www.photo-ac.com/)

慶安の変:慶安4年(1651年)

江戸時代の前期、軍学者・由井正雪 (ゆいしょうせつ)らによる幕府転覆計画が企てられた事件。陰謀は未然に発覚し関係者が処罰された。由井正雪の乱ともいう。

解説

初期の徳川幕府は大名家に対してきびしい態度で臨んでいた。これが武断政治だ。大名が幕府に反抗しないよう、力で押さえ込もうとしていたのである。そのため小さな落ち度でも見逃さず、どんどん改易 (かいえき)減封 (げんぽう)の処分を科していた。(大名が改易になると城や領地を没収され、他家へお預けの身となったりする。また減封とは領地が削減されることだ)

大名が改易されると、その大名に仕えていた武士は給料である禄(ろく)を失って浪人となる。つまり会社がつぶれると、社員は自動的に解雇となり失業者になってしまうということである。関ヶ原の戦いや大坂の陣で大量に浪人が生まれていたのに加えて幕府の武断政治のため、浪人の数は増える一方だった。

剣の腕がたつのに金がない。そんな食い詰め浪人ほど危ないものはない。かれらの中には食べていくために武士の誇りも捨てて渡世人となったり盗賊になるものさえいた。社会にも不穏な空気がただよっていた。軍学者である由井正雪はこのような状況を憂い、浪人を救い世を救うためには「こりゃもう思い切って幕府を倒すしかない!」と考えたのである。

1651年(慶安4年)、3代将軍家光が死去し、幼少の家綱が将軍職をついだ。その変わりばなをねらって正雪は行動を起こした。すでに腕のたつ多くの浪人たちが正雪のもとにつどっていた。宝蔵院流の槍の達人・丸橋忠弥 (まるばしちゅうや) が江戸城を襲って将軍を奪い去り、京都では正雪が天皇を連れ去るという驚天動地の計画である。これが成功していたら日本の歴史ははたしてどうなっていたか想像もつかないね! しかし幸か不幸か計画は内部の密告によって未然に幕府の知るところとなり、丸橋忠弥は江戸で逮捕されて死罪、由井正雪は駿府(静岡)で捕縛される前に自殺してしまった。

ついでながら…

この事件の結果、幕府もこれまでの政策を反省し、かんたんに大名を取りつぶすことをやめ、まずは「末期養子の禁」を緩和した。末期養子 (まつごようし)とは、跡継ぎのいない当主が死ぬ直前になってあわてて養子を取って跡を継がせることである。

本来は「私が死んだり隠居したら、その後はだれそれが継ぎます」と、嫡子(跡を継ぐべき人物)の名を幕府にあらかじめ届けて許可を得ておかなければならない。その手続きをしていないと家を継がせることは許可されず、お家取りつぶしになってしまうわけである。

この制度のために浪人が大量発生して社会不安につながっていることを幕府はみとめ、末期養子をとることも条件付きで許可することにしたのである。 慶安の変の歴史的意義は「武断政治から文治政治への転換点となった事件」と言うことができる。