〜幕末トラベラーズ〜

日本史用語集

江戸時代

(かんせいのかいかく)
寛政の改革ってなんのこと?

(画像出典:https://www.photo-ac.com/)

寛政の改革:天明7年(1787年)〜寛政5年(1793年)

寛政の改革は、老中・松平定信が主導した幕政改革で、江戸の三大改革(享保の改革、寛政の改革、天保の改革)のひとつ。天明の大飢饉のあとに行われた。緊縮財政や学問・風俗の取り締まり・飢饉に備える備荒政策などが中心。

解説

寛政の改革が行われたおもな原因は2つ。商人と深く結びついた田沼政治の腐敗と天明の大飢饉による世の中の混乱をなんとかおさめるということだ。

徳川吉宗の孫としてうまれた老中・松平定信は30歳のとき、「ぼくもおじいちゃんがやった享保の改革を見習って世直しをしよう!」と決意した。そして寛政の改革という、政治、経済、文化とさまざまな分野での改革を大胆にやったのだ。でもおじいさんに比べると真面目一方な性格がわざわいして、田沼時代のたるみきった政治を正そうとしたのはいいけれど、ぎゅうぎゅうに引き締めすぎた。

そのため、ぜいたく大好きな将軍・家斉(いえなり)からは「なんだ定信、うるさいよお前!」と嫌われ、庶民からも「松平様はきびしすぎる。景気もわるくなったし昔の田沼時代がこいしいよう」と疎まれ、結局老中をやめさせられてしまったのだ。

寛政の改革の内容

そんな松平定信が行った寛政の改革とはなにか。かんたんにまとめよう。

備荒貯蓄(飢饉へのそなえ)

・囲米(かこいまい)…大名に対して、石高1万石につき50石の割合で米を備蓄させた。囲米をしまっておく場所が社倉・義倉とよばれた倉。

七分積金 (しちぶつみきん) …町入用(町会費)を節約させ、その節約分の7割を積み立てて貧民の救済などにあてた。

流民(治安)対策

・人足寄場の設置…刑期を終えた犯罪者や無宿人を収容して、社会復帰させる更生施設をつくる。

旧里帰農令 (きゅうりきのうれい) …荒れ果てた農村をすてて都市に流れ込んできた農民に古里に帰るように命じた。

武士の救済

棄捐令 (きえんれい)…旗本・御家人に対する借金を棒引きしたり利子を軽くしたりした。

文化・風俗の取り締まり

・寛政異学の禁…儒学のなかで朱子学だけを奨励し、湯島聖堂の学問所では朱子学以外の学問を禁止した。

・幕政への関与を禁止…『海国兵談』を出版した林子平を処罰。

その他倹約の徹底

・大奥の経費を3分の1に切り詰めたところ、反発を受けて松平定信の失脚の原因となった。