〜幕末トラベラーズ〜

日本史用語集

江戸時代

(かけや)
掛屋ってなんのこと?

(画像出典:https://www.photo-ac.com/)

掛屋は、おもに諸藩(大名)から送られてきた年貢米や商品作物を換金して大名に送金していた業者をさす。

米の換金業者、そして金貸しで大儲け!

大名は、自分の領地で徴収した年貢をもとに藩の経営を行います。年貢は基本的には米ですから、商品経済が盛んになってきて何かにつけてお金が必要になってくると、藩でも米をお金に交換する必要が強まっていきました。

ちなみに商品経済というのは、自給自足ではなく、モノとモノを交換し合って、お互いに豊かになろうよという考え方のことですね。

そこで、各藩では米を大都市(とくに大坂)で売りさばいて、金を手に入れようということになります。とくに大坂では諸藩からの産物を収容するための蔵屋敷 (くらやしき) がたくさん立ち並ぶようになりました。その蔵屋敷で産物の取引責任者となったのが蔵元 (くらもと)と呼ばれる人です。

蔵元は最初は各藩から派遣された蔵役人がやっていましたが、そのうち商人に任せるようになりました。蔵屋敷に入ってくる米などの産物を蔵物 (くらもの) といいます。この蔵物の取引では大きなお金が動くため、そうしたお金のやり取りを専門に担当する掛屋 (かけや)という職が生まれたのです。

蔵元はモノの管理、掛屋はカネの管理ということになりますが、蔵元と掛屋は同じ商人が兼ねることもよくありました。

掛屋は、諸藩(大名)から蔵屋敷に届いた産物を換金してそれを大名に送金するという仕事が基本なのですが、そればかりでなく大名に金を貸し付けて大儲けする者がたくさん出てきました。これを大名貸しといいます。掛屋なしではやっていけない藩も多く、藩の財政に深く関わるようになって士分待遇となり、参勤交代の途中にわざわざ掛屋に挨拶に寄る大名もいたということです。大坂の鴻池家 (こうのいけけ)平野屋天王寺屋が掛屋としてとくに有名です。