〜幕末トラベラーズ〜

日本史用語集

江戸時代

(いとわっぷせいど)
糸割符制度ってなんのこと?

(画像出典:https://www.photo-ac.com/)

糸割符制度とは、中国産の生糸を、一部の商人が独占的に輸入するようにした制度。慶長9年(1604年)に導入。

解説

安土桃山時代の終わりころ日本の主要な輸入品は中国産の生糸で、ポルトガル商人が中国(明)から仕入れてきた生糸を日本の商人に売りさばき、莫大な収入を得ていた。徳川幕府は「なんだポルトガル人ばかり儲けやがって。オレたちにも甘い汁を吸わせろ!」と考えて糸割符制度という株仲間のしくみを導入したのである。

この制度では、外国から持ち込まれた生糸を買うことができるのは、糸割符仲間に指定された限られた商人だけで、その商人が価格を自分たちで決めて一括購入をし、その後に一般の商人に売り渡すのである。糸割符仲間は最初は京都、堺、長崎の3都市の商人、のちに江戸と大坂の商人が加わり「五カ所商人」とよばれた。

生糸を買うことができるのは糸割符仲間だけであるから、かれらは大きな利益を上げることができた。もちろん幕府はかれらから十分に税金を吸い取って当初の目的をはたしたのである。

外国側にとっては日本商人が決めた額で売らなければならないから不満がつのる。そのため糸割符制度はいったん停止されたが、再び復活した。しかし日本国内での生糸の生産力があがるにつれ、この制度の必要性も低くなっていった。