〜幕末トラベラーズ〜

日本史用語集

江戸時代

(ひがきかいせん・たるかいせん)
菱垣廻船とか樽廻船ってなんのこと?

(歌川広重の浮世絵に描かれた弁才船(べざいせん)。菱垣廻船や樽廻船用の船として使われた)

菱垣廻船・樽廻船とは、大坂(上方)の商品を江戸に運ぶために仕立てられた船のこと。最初は菱垣廻船のみだったが、のちに酒類を早く江戸に届けるため樽廻船が登場した。

大坂・江戸間の輸送の主力

たとえば大阪・京都から東京へ商品を輸送する場合、現在ならトラックで高速道路を使って運ぶだろうけど、江戸時代は船を使うのが普通だった。

「天下の台所」と言われた大坂(上方)から、一大消費地である江戸へ商品をはこぶ貨物船が菱垣廻船 (ひがきかいせん) 。なぜ「菱垣」というのかといえば、満載した荷物が落ちないように船縁に菱形の垣をめぐらせていたから。のちに菱形模様は単に目印としてつけられたこともあった。

菱垣廻船を利用して大坂から江戸へ商品を送りたい荷主は、菱垣廻船を運用している廻船問屋に輸送を依頼するわけだね。菱垣廻船は江戸時代の始めころからあり、大坂から江戸までは十数日から長いときは2カ月くらいかかったらしい。

ところで当時は、今とくらべると原始的な構造の輸送船を使っていた上、航海術も未熟だったから、途中で遭難して積荷がなくなってしまうことも少なくなかった。嵐で船が沈みそうになると船を守るために積荷を捨ててしまったりするのだ。廻船問屋はこんなことで責任を取らないから荷主にとっては大損だ。それどころか船乗りのなかには悪いヤツがいて、嵐にあって積荷が流されたなどとウソをつき、その積荷をこっそり売りさばいてしまうこともあったという。

そんなこんなで、荷主と廻船問屋との間でトラブルが絶えなかったから、荷主のほうで運送の主導権をにぎるために団結したんだね。そして積荷が失われたときに損害を少しずつ平等に負担する保険のような仕組みも取り入れた。この荷主の団結が江戸では「十組問屋 (とくみどいや/どんや)」、大坂では「二十四組問屋 (にじゅうしくみどいや)」とよばれたものだ。ちなみに「十組」というのは、10業種の問屋という意味(実際にはもっとたくさんの業種に分かれた)。

高速の樽廻船の登場

ところで、菱垣廻船は1つの船にいろんな種類の品物を載せる。1回の航海でなるべくたくさんの荷物を運んで利益を上げたいから、荷物が十分に集まるまで出航しないのだ。灘や伏見の酒を江戸に運びたい荷主が「はよ舟出さんかい。酒が腐ってまうわ!」と怒鳴っても「これっぱかりの荷ではよう出しまへん」などと断られてしまうというわけだ。当時は今のように保存・貯蔵技術が発達していないから、酒は傷みやすかった。

享保15年(1730年)、江戸・十組問屋のうちの酒店組「菱垣なんかでチンタラ運んでたんじゃラチ開かねえ!」とキレて、独自に酒専用の樽廻船 (たるかいせん) を運用し始めた。樽廻船は港での待ち時間も短いし船も小ぶりで菱垣廻船よりスピードが速かった(菱垣廻船の半分くらいの日数で届くこともあった)。樽廻船は最初は酒専用だったけれど、そのうち空きスペースを利用して安値で他の荷物も運ぶようになり、「速くて安い樽廻船」という評判が広まって利用客が増え、だんだん菱垣廻船をしのぐようになっていったんだ。