〜幕末トラベラーズ〜

日本史用語集

江戸時代

(あかえぞふうせつこう)
赤蝦夷風説考ってなんのこと?

赤蝦夷風説考は、天明3年(1783年)に書き上げられ、幕府老中・田沼意次に献上されたロシアに関する研究書。

解説

赤蝦夷風説考」は、仙台藩藩医であり多才な知識人でもあった工藤平助 (くどうへいすけ)による対ロシア政策の研究書。1700年代後半から南下し始めていたロシア帝国との交易や北方の防備の必要性を説いた

工藤平助は西洋通の人々との交流やオランダの書物などを通じてロシアの情報を入手して研究し、「ロシア人が日本に近づいている。日本は北の守りを固めておいたほうがいいぞ!」という海防に関する注意喚起の本を書いたのだ。この「赤蝦夷風説考」はそれだけではなく、蝦夷地の経営とロシアとの交易の可能性についても述べられていた。

工藤平助は「赤蝦夷風説考」を当時の権力者だった田沼意次にこれを献上、なにごとにつけ積極的な田沼はさっそく蝦夷地へ探検隊を送りこむことを計画したが、田沼の失脚により頓挫。その後の政権を引き継いだ(寛政の改革を主導した)松平定信は、あれはダメこれはダメ!というきわめて内向きで保守的な性格であり、その後の外国への備えという意識を薄くさせてしまったといえる。