幕末トラベラーズ

長崎の史跡

後藤象二郎邸跡
(ごとうしょうじろうていあと)

長崎市金屋町

長崎における土佐藩参政・後藤象二郎の邸宅跡。テレビ長崎のビルの角に碑が立つ。

後藤象二郎邸跡

後藤象二郎は、土佐藩の軍事産業を活発化させるため、慶応2年(1866年)に長崎に赴任、土佐商会を設立し、岩崎弥太郎をその主任とした。また、海援隊の坂本龍馬とも会談を重ねた。慶応3年(1867年)、四侯会議(島津久光、松平春獄、伊達宗城、山内容堂)が行われている京都に向かう途中の船内で、同行の龍馬から「船中八策」を提示され、これを京の山内容堂に提出。これをもとに容堂が将軍徳川慶喜に大政奉還を建白した。

その他、[高知]後藤象二郎誕生地を参照。

PHOTO

(のち、邸宅は岩崎弥太郎に譲り渡され、昭和にいたるまで、三菱関係者の居住地として使用された)

(現在は、テレビ長崎本社社屋)

史跡マップ
史跡マップ 会津の史跡 流山の史跡 多摩の史跡江戸の史跡 横浜の史跡 関東の史跡 静岡の史跡京都の史跡萩の史跡山口の史跡 下関の史跡 長崎の史跡 鞆の浦の史跡高知の史跡鹿児島の史跡 霧島の史跡