幕末トラベラーズ

長崎の史跡

唐人屋敷跡
(とうじんやしきあと)

長崎市館内町(かんないまち)

唐人屋敷は、長崎在住の中国人の居住地域。オランダ人が住んでいた出島と同様、練塀と堀によって外部から遮断されていた。

唐人屋敷跡

寛永12年(1635年)、幕府は中国からの船を長崎一港のみに制限した。最初、中国人は長崎の町に自由に住むことを許されていたが、密貿易の増加によって、オランダ人の出島と同様、唐人町を建設して中国人を1箇所に居住させることとした。

こうして元禄2年(1689年)に唐人屋敷が完成。広さは約9400坪(3万1000平米)。周囲は練塀と堀で囲まれ、番所の役人が出入りを監視した。しかし、出島のオランダ人とちがい、非キリスト教徒の中国人は、それほど厳しい管理下には置かれなかった。

【関連サイト】

唐人屋敷

PHOTO

(土神堂(どじんどう)の門)

(土神堂前の案内板)

史跡マップ
史跡マップ 会津の史跡 流山の史跡 多摩の史跡江戸の史跡 横浜の史跡 関東の史跡 静岡の史跡京都の史跡萩の史跡山口の史跡 下関の史跡 長崎の史跡 鞆の浦の史跡高知の史跡鹿児島の史跡 霧島の史跡