幕末トラベラーズ

長崎の史跡

高島秋帆旧宅
(たかしましゅうはん・きゅうたく)

長崎市東小島町

高島家は、長崎の名家のひとつで、町年寄の職にあった。高島秋帆は、日本砲術が西洋砲術に非常な遅れをとっていることに危機感を抱いて、みずから砲弾の鋳型や銃器を買い入れて研究し、砲術の専門家として活躍した。秋帆の父・高島茂紀が別宅としてこの地に建てたものが、原子爆弾で全壊してしまった。

高島秋帆旧宅

1840年、清国が英国にアヘン戦争で敗れると、秋帆はますます危機感を抱き、幕府に意見書を出して、海防の充実を訴えた。翌天保12年(1841年)に徳丸ヶ原(とくまるがはら)(現在の東京都板橋区高島平)で、幕府役人立ち会いのもとで、砲術のデモを実施。幕府に専門家として認められ、秋帆は幕臣の江川英龍(えがわひでたつ)(太郎左衛門)らの教授役となる。(※高島平(たかしまだいら)の地名は、高島秋帆からつけられた)

ところが、洋式軍備を推し進める秋帆を快く思わなかった保守派の鳥居耀蔵(とりいようぞう)の手によって、秋帆は冤罪をこうむり投獄されてしまう。のちにペリーが来航して、内外の情勢が急変したことにより出獄して講武所師範となり、ふたたび幕府の砲術指南役に復帰した。

PHOTO

史跡マップ
史跡マップ 会津の史跡 流山の史跡 多摩の史跡江戸の史跡 横浜の史跡 関東の史跡 静岡の史跡京都の史跡萩の史跡山口の史跡 下関の史跡 長崎の史跡 鞆の浦の史跡高知の史跡鹿児島の史跡 霧島の史跡