幕末トラベラーズ

京都の史跡

京都土佐藩邸跡
(きょうととさはんていあと)

京都市中京区木屋町通蛸薬師

京都における土佐藩の活動拠点。武市半平太、中岡慎太郎、後藤象二郎、坂本龍馬らが出入りした。

京都土佐藩邸跡

土佐郷士という身分から、自由な行動を求めて脱藩した坂本龍馬は、積極的に藩邸に近づくことはなかったという。

龍馬は、文久2年(1862年)の12月に江戸で勝海舟に会い、弟子入りをしている。勝のとりなしによって、龍馬は山内容堂から脱藩の罪を許された。ただし翌文久3年の2月に、この土佐藩邸で7日間謹慎を命ぜられている。

PHOTO

(高瀬川の川縁に立つ土佐藩邸跡の碑)

(碑から少し南へ移動したところ。この地にあった立誠小学校は現在は廃校となっている)

史跡マップ
史跡マップ 会津の史跡 流山の史跡 多摩の史跡江戸の史跡 横浜の史跡 関東の史跡 静岡の史跡京都の史跡萩の史跡山口の史跡 下関の史跡 長崎の史跡 鞆の浦の史跡高知の史跡鹿児島の史跡 霧島の史跡