幕末トラベラーズ

京都の史跡

壬生寺
(みぶでら)

京都市中京区壬生梛ノ宮町

壬生寺は、平安時代に三井寺の僧・快賢(かいけん)によって創建された律宗寺院。上京して壬生村を本拠地とした新選組ゆかりの寺となった。

境内には局長・近藤勇の銅像や、新選組隊士の墓がある。

壬生寺
【関連サイト】

壬生寺

PHOTO

(壬生寺表門)

(壬生寺本堂。壬生寺の境内は新選組の武芸訓練場として使われた。また隊士が企画した相撲興行も行われた。参道右手に新選組ゆかりの遺蹟をまとめた壬生塚がある)

(壬生塚には、芹沢鴨、平山五郎、河合耆三郎の墓、隊員の合祀墓、近藤勇の胸像などがある)

(近藤勇の胸像と遺髪塔(左)。この左手に芹沢鴨と平山五郎、それに勘定方だった河合耆三郎の墓がある。稀代の乱暴者として会津藩からも粛清命令が出されていた芹沢とその同心・平山は、壬生寺の隣にあった八木邸の屯所で、土方、沖田らによって暗殺された。河合耆三郎は仕事上のミスもしくは女性関係に起因した隊士との軋轢がもとで切腹させられた)

(壬生塚に祀られている人々の名前。元治元年の池田屋事件では、奥沢が重傷を負ってその日に死亡。安藤、新田も傷がもとで後日死去した)

史跡マップ
史跡マップ 会津の史跡 流山の史跡 多摩の史跡江戸の史跡 横浜の史跡 関東の史跡 静岡の史跡京都の史跡萩の史跡山口の史跡 下関の史跡 長崎の史跡 鞆の浦の史跡高知の史跡鹿児島の史跡 霧島の史跡