幕末トラベラーズ

京都の史跡

佐久間象山・大村益次郎遭難地
(さくましょうざん・おおむらますじろうそうなんち)

京都市中京区上樵木町

松代藩出身の佐久間象山、長州藩出身の大村益次郎は、どちらも西洋の兵学を積極的に取り入れて軍備・防衛力増強に取り組んだ人物である。そして双方とも狂信的な攘夷派から「西洋かぶれ」と断じられ、三条木屋町で襲撃され命を落とすことになった。

佐久間象山・大村益次郎遭難地

佐久間象山は、もともと漢学者だったが、日本の沖合いに出没する異国船に脅威を感じて、国防のための研究を重ね、意見書「海防八策」にまとめて幕府に提出した。が、時期尚早のためこれが取り上げられることはなかった。浦賀沖にペリーが現れる10年も前のことである。

吉田松陰は象山の弟子である。ペリーが二度目に来航したとき、松陰が密航を企てた(結果は失敗)が、象山はこれに関与したとして9年間の蟄居処分となる。

蟄居がとけて京都へのぼり、幕府のトップとともに国防のための活動を開始しようとした矢先の 元治元年7月11日(1864年8月12日)、三条木屋町にて肥後の攘夷志士・川上彦斎(かわかみげんさい)らに襲撃され死亡した。享年54。

大村益次郎は周防の医者の家に生まれ、その後大坂の適塾(てきじゅく)で蘭学を学び、兵学の専門家となった。のち故郷の長州藩に迎えられて、第二次幕長戦争(長州征伐)、そして戊辰戦争の参謀・軍師をつとめる。

その軍略は天才的といわれたが、西洋式の軍制への改革が守旧派の反感を買い、明治2年(1869年)9月4日、三条木屋町の旅館で刺客に襲撃され重傷を負った。その傷がもとで11月5日に死去。享年46。

PHOTO

(桂小五郎寓居の地(料亭・幾松)にほど近く、高瀬川をはさんだ対岸に佐久間象山の碑(右)、大村益次郎の碑(左)がある)

(遭難地は、「幾松」のすぐ近く)

史跡マップ
史跡マップ 会津の史跡 流山の史跡 多摩の史跡江戸の史跡 横浜の史跡 関東の史跡 静岡の史跡京都の史跡萩の史跡山口の史跡 下関の史跡 長崎の史跡 鞆の浦の史跡高知の史跡鹿児島の史跡 霧島の史跡