幕末トラベラーズ

時代祭ってどんなお祭り?
(じだいまつり)

時代祭
幕末期、宮中から徳川家茂に嫁いだ内親王和宮(出典:京都写真

時代祭は京都三大祭り(葵祭、祇園祭、時代祭)のひとつとされる平安神宮の大祭です。平安京から明治維新まで、各時代に応じた衣装や乗り物を用いた時代風俗行列が人気の的となっています。

各時代の行列は、先陣を飾る明治維新の「維新勤王隊列」から江戸時代、安土桃山時代…と、順に時代をさかのぼり、最後が平安初期(延暦)の行列となります。

行列の先頭は幕末維新のヒーローたち

時代祭は、平安遷都1100年目にあたる明治28年(1895年)に平安神宮が建てられたのを記念して行われるお祭りです。したがってほかの三大祭りにくらべると歴史は浅いのですが、平安から明治まで綿密な時代考証によって復原製作された風俗を、時代行列のかたちで披露する催しが多くの観光客を集めています。 平安神宮の祭神は平安京を開いた桓武天皇と、京都で生涯をすごした最後の天皇である孝明天皇です。このふたりの天皇の輿(ご鳳輦 ほうれん)が神幸列として行列の最後尾を飾ります。

一方、行列の先頭を行くのは笛・太鼓を演奏しながら進む「維新勤王隊列」の山国隊。山国隊は鳥取藩に所属していた京都近郊の農兵隊で、官軍として戊辰戦争を戦いました。明治時代に時代祭りが始まったころは、実際に山国隊に所属していた隊士たちが行列に参加していました。

そのあと、行列は幕末維新に活躍した、桂小五郎西郷隆盛坂本龍馬中岡慎太郎高杉晋作らの登場となります。「八月十八日の政変」で京都を追われた七卿の公家たちの姿もあります。宮中から徳川家に降嫁した和宮内親王は、江戸時代婦人列の中に入っています。 また、吉田松陰橋本左内、梅田雲浜など安政の大獄に倒れた人々も参加します。

時代祭
維新勤王隊(出典:京都写真
新選組は出ませんが…

幕末の京都といえば、新選組のイメージを強く持っている人も多いでしょう。しかし時代祭の行列の登場人物は京都朝廷にゆかりのある人や朝廷の興隆に力を尽くした人々が中心となっているため、新選組など戊辰戦争で幕府側に立った人々は残念ながら登場しません。また、足利尊氏は後醍醐天皇に背いて室町幕府を開いたため、戦前までは賊徒の扱いを受け室町時代の行列もありませんでしたが、平成19年(2007年)になってようやく足利将軍や細川・山名氏などの大名が参加するようになりました。

そのほか行列の見どころとしては、戦国時代の覇者・織田信長や豊臣秀吉、甲冑姿の武将、それに淀君、静御前、巴御前、紫式部、清少納言、小野小町といった各時代婦人列の艶やかな佇まいも見逃せません。

時代祭
静御前(出典:京都写真
時代祭
巴御前(出典:京都写真
動く京都の絵巻物を2時間で鑑賞

時代祭は例年10月22日に行われます(令和元年は「即位礼正殿の儀」と重なるため10月26日に変更)。これは桓武天皇が平安遷都を行った日が延暦13年(794年)10月22日とされているからです。

当日は午前中に神幸祭が行われ、桓武天皇・孝明天皇のご神霊を乗せた車(ご鳳輦ほうれん )が京都御所へ向かいます。そして正午にご鳳輦を先導するかたちで時代行列が御所を出発。烏丸通りに出て南下、御池通、河原町通を経て、三条通を東進し、神宮道を通って14時30分ころ平安神宮に到着します。沿道の観客は2時間ほどの間に京都の歴史を動く絵巻物のように楽しみます。すべての行列が神宮に到着すると、ご神霊は本殿に還幸されます。

行列の登場人物は平安神宮の管理を行う平安講社、青年会議所、地域女性連合会、花街の舞妓さんなど各団体から選ばれた約2000人の京都市民(車の引き手や従者などは京都市内の大学生も動員される)が扮装し行列の全長は約2キロメートルにもなります。

時代祭
延暦武官(出典:京都写真

【関連ページ】

時代祭

史跡マップ
史跡マップ 会津の史跡 流山の史跡 多摩の史跡江戸の史跡 横浜の史跡 関東の史跡 静岡の史跡京都の史跡萩の史跡山口の史跡 下関の史跡 長崎の史跡 鞆の浦の史跡高知の史跡鹿児島の史跡 霧島の史跡