幕末トラベラーズ

京都[その他の史跡]

東寺
(とうじ)

東寺
東寺の五重塔と南大門(京都市南区)

東寺(とうじ)は、真言宗の総本山。京都駅のすぐ南側にあり国宝の五重塔は、現存する木造塔としては日本最高の54.8メートルあり、京都を代表する仏教建造物となっている。

戊辰戦争時、新政府軍の本営がこの東寺に置かれ、西郷隆盛が鳥羽伏見の戦況を五重塔から見分したという。

東寺ってどんなお寺?

東寺は延暦15年(796年)、平安京が開かれた直後に国家鎮護のために桓武天皇の発願により建てられた。このため「教王護国寺」という別名も持っている。つまりは官寺(かんじ)であったが、桓武天皇の子である嵯峨天皇は弘仁14年(823年)、東寺を真言宗の宗祖である空海に下賜した。それからのち、東寺は真言宗の総本山として密教の修行僧らを育て、王城の安寧を祈祷する場となった。

東寺の見どころとしては、観光都市京都のシンボル的存在ともなっている五重塔(イメージ写真としては八坂の塔(東山区)のほうがよく使われるようである)のほか、本尊・薬師如来を祀る金堂(本堂)、大日如来を安置し真言密教伝道の中心となった講堂、空海が起居した御影堂(みえいどう)、空海が密教世界を表すために構築した立体曼荼羅などがある。 東寺という名は、羅城門(平安京の中心を通る朱雀大路の南端にあった門)をはさんで東西に置いた官寺のうち、東の寺であったことが由来。西には西寺(さいじ)があったがこちらは現存していない。

慶応4年(1868年)正月、鳥羽伏見の戦いに際しては新政府軍(薩摩軍)がこの東寺に本営を置き、西郷が五重塔に登って戦況を見守った。錦の御旗もここで掲げられ、官賊の別を明確にして新政府軍を一気に優勢に導くほどの効力を発したといわれている。

東寺
東寺五重塔全景
東寺
東寺金堂
【関連ページ】

東寺

史跡マップ
史跡マップ 会津の史跡 流山の史跡 多摩の史跡江戸の史跡 横浜の史跡 関東の史跡 静岡の史跡京都の史跡萩の史跡山口の史跡 下関の史跡 長崎の史跡 鞆の浦の史跡高知の史跡鹿児島の史跡 霧島の史跡