幕末トラベラーズ

京都[その他の史跡]

清水寺
(きよみずでら)

清水寺
清水寺の本堂と舞台(京都市東山区)

雄大な檜の「舞台」で有名な清水寺の歴史は古く、京都に平安京が開かれる以前の778年にさかのぼる。舞台を持つ本堂は国宝に指定されている。観音霊場としても有名であり、平安の昔から今日にいたるまで老若男女の参詣者で賑わい続けている。

幕末期、勤王の僧月照は清水寺・成就院の住職をしており、西郷隆盛をはじめとする薩摩藩士らとの交流があった。その墓もここ清水寺にある。

清水寺ってどんなお寺?

洛中の東にそびえる音羽山の山懐に抱かれた清水寺は、778年延鎮 (えんちん)(はじめ賢心)を開山とする。延鎮は奈良・興福寺の僧で、音羽山に旅したときに清流のなかに千手観音を念ずる行叡居士 (ぎょうえいこじ) を見つけた。行叡居士は延鎮に観音像を刻むための霊木を与えて去っていったという。延鎮は行叡居士を観音の化身と悟り、千手観音像を完成させて行叡居士がむすんでいた庵に安置した。これが清水寺の開山とされている。延鎮の興福寺が法相宗であったことから清水寺も法相宗を受け継いでいる。

清水寺を寺院として建立したのは、日本史の教科書で平安時代の最初に出てくる坂上田村麻呂である。田村麻呂は音羽山に狩りに訪れたさいに出会った延鎮より仏道を説かれて観音に帰依し、自分の邸宅を観音像をまつる本堂として寄進したとされる。その後田村麻呂は征夷大将軍として蝦夷征伐に向かい、無事都に帰還すると報恩の改築を行い、地蔵菩薩と毘沙門天像を新たに祀った。

清水寺
紅葉の季節

その後、清水寺は観音霊場として広く信仰を集めた。時は下って江戸幕末期に、大坂で医者をしていた勤王の僧月照は清水寺・成就院の住職となり、西郷隆盛をはじめとする薩摩藩士らと尊皇運動を盛り上げるべく交流を重ねた。しかし幕府の権威再興をめざす井伊直弼が大老となり安政の大獄の嵐が吹き荒れると、月照も京都を捨てて薩摩に逃れた。そして前途を悲観した月照と西郷隆盛は鹿児島・錦江湾に舟を漕ぎだし、ともに身を投げた。西郷は救助されたものの月照は46年の生涯を薩摩の海に閉じたのだった。鹿児島・南洲寺とここ京都清水寺に分骨された墓がある。

「清水の舞台から飛び降りる」という慣用句の出所である檜の舞台は高さ13メートル。本当にここから飛び降りた人は、元禄7年(1694年)から元治元年(1864年)の間に未遂を含み235件に上り、生存率は85.4パーセントであったという。(『成就院日記』/Wikipediaより)

清水寺
延鎮が音羽山で出会ったという清流「音羽の滝」
【関連ページ】

音羽山 清水寺

史跡マップ
史跡マップ 会津の史跡 流山の史跡 多摩の史跡江戸の史跡 横浜の史跡 関東の史跡 静岡の史跡京都の史跡萩の史跡山口の史跡 下関の史跡 長崎の史跡 鞆の浦の史跡高知の史跡鹿児島の史跡 霧島の史跡