幕末トラベラーズ

高知の史跡

旧山内家下屋敷長屋
(きゅうやまうちけしもやしきながや)

高知市鷹匠町2丁目

山内容堂の下屋敷に隣接して建てられた、警護役の武士のための長屋が現存している。重要文化財。現在下屋敷の跡地はホテル三翠園となっている。

旧山内家下屋敷長屋

高知城の南、南御屋敷とよばれた山内容堂の別邸下屋敷。この屋敷の東隣の武家屋敷7軒分を召し上げて長屋が建てられた。長屋は2階建てで入母屋(いりもや)造り。内部には、江戸期に使用された家財道具や当時の和船の模型などが展示されている。

【関連サイト】

ホテル三翠園

PHOTO

(現在は長屋と門が残る山内家の下屋敷。奥へ傾斜した道は鏡川の土手へつながる)

(現在、長屋の向かい側にある鷹匠公園に立つ山内容堂公邸跡碑。)

史跡マップ
史跡マップ 会津の史跡 流山の史跡 多摩の史跡江戸の史跡 横浜の史跡 関東の史跡 静岡の史跡京都の史跡萩の史跡山口の史跡 下関の史跡 長崎の史跡 鞆の浦の史跡高知の史跡鹿児島の史跡 霧島の史跡