幕末トラベラーズ

鹿児島の史跡

鶴丸城跡
(つるまるじょうあと)

鹿児島市城山町

1604年(慶長9年)に築城された城で、江戸期に代々の薩摩藩主が居住した。鹿児島城ともいう。(下の地図の位置は石碑の場所)

鶴丸城跡

戦国時代、島津氏の本拠地は「内城(うちじょう)」(篤姫誕生地の東隣にある大龍小学校前に碑がある)だったが、江戸時代に入って、島津忠恒が新たに鶴丸城を築城した。鶴丸城は天守閣を持たない簡素なつくりではあったが、戦国期の「外城(とじょう)」を各地に残し、領内のネットワークを密にすることで防御体制を敷いていた。しかし、海に近いことが災いし、薩英戦争ではイギリス軍艦の砲撃によって一部が破壊された。

現在、本丸跡に鹿児島県歴史資料センター黎明館があり、歴史資料等が展示されている。

【関連サイト】

黎明館

PHOTO

(鶴丸城跡碑)

 

(堀の東南側は国道10号線)

(御楼門(大手門)跡)

 

(黎明館正門)

(本丸跡には黎明館が建っている)

史跡マップ
史跡マップ 会津の史跡 流山の史跡 多摩の史跡江戸の史跡 横浜の史跡 関東の史跡 静岡の史跡京都の史跡萩の史跡山口の史跡 下関の史跡 長崎の史跡 鞆の浦の史跡高知の史跡鹿児島の史跡 霧島の史跡