幕末トラベラーズ

鹿児島の史跡

照国神社
(てるくにじんじゃ)

鹿児島市照国町

照国神社は、薩摩藩11代藩主・島津斉彬を祀る神社。斉彬は西洋諸国の侵略に対抗するため、いち早く日本を近代化へと導いた名君と評されている。

照国神社

島津家28代当主・島津斉彬は、嘉永4年(1851年)に薩摩藩11代藩主となって以降、外夷から日本を守るための富国強兵と殖産興業の進展につとめた。政治的には公武合体による挙国一致政策を進めようとしたが、幕威の再興をもくろむ井伊直弼が大老に就任すると、その専制政治に真っ向から反発、しかし兵を率いての上洛を決定した矢先に病気で急死した。

その遺徳をしのんで、薩摩藩では逝去まもなく社地を選定、朝廷からも「照國大明神」の神号を賜って、元治元年(1864年)に社殿が竣工した。現在でも鹿児島県内で参拝者が最も多い神社となっている。

【関連サイト】

照國神社

PHOTO

(照国神社前の交差点から照国神社の大鳥居を見る。北九州市を起点とした西回り(福岡経由)の国道3号線と、東回り(大分経由)の国道10号線がこの交差点で再び出合って終点となる)

 

(境内側から照国通り方面)

(照国神社の説明板)

(神門)

(神門から拝殿を見通す)

(「日の丸」制定の由来が書かれた碑。島津斉彬は日章旗を国旗とするように提案した一人とされる)

史跡マップ
史跡マップ 会津の史跡 流山の史跡 多摩の史跡江戸の史跡 横浜の史跡 関東の史跡 静岡の史跡京都の史跡萩の史跡山口の史跡 下関の史跡 長崎の史跡 鞆の浦の史跡高知の史跡鹿児島の史跡 霧島の史跡