幕末トラベラーズ

京都(伏見)の史跡

(龍馬が避難した)材木小屋跡

京都市伏見区過書町

寺田屋で伏見奉行所役人に襲われた坂本龍馬は重傷を負いつつもなんとか脱出した。長州藩の三吉慎蔵は龍馬を肩にかけて夜道を逃げ回るうち、大手橋そばの材木小屋を見つけてここに龍馬をかくしたという。

(龍馬が避難した)材木小屋跡

龍馬が隠れた材木小屋推定地は、ここの他に薩摩藩邸近くの土橋付近も候補地としてあげられている。伏見観光協会などでは、大手橋の説をとってこちらに碑を建てた。

PHOTO

(濠川(ごうがわ)にかかる大手橋。石碑は橋の西詰め(写真の中央あたり)にある。濠川は豊臣秀吉の伏見城築城のさいに外堀として開削され、宇治川と接続されて伏見の水運を担ってきた。今日では観光用の十石舟が行き交い、もっとも伏見の風情を残す一帯となっている)

史跡マップ
史跡マップ 会津の史跡 流山の史跡 多摩の史跡江戸の史跡 横浜の史跡 関東の史跡 静岡の史跡京都の史跡萩の史跡山口の史跡 下関の史跡 長崎の史跡 鞆の浦の史跡高知の史跡鹿児島の史跡 霧島の史跡