幕末トラベラーズ

京都(伏見)の史跡

伏見薩摩藩邸跡
(ふしみさつまはんていあと)

京都市伏見区東堺町

伏見の薩摩藩邸跡。現在は松山酒造の建物となっている。寺田屋で坂本龍馬が襲われたときに、恋人のお龍がここに駆け込んで助けを求めた。

伏見薩摩藩邸跡

慶応2年(1866年)の寺田屋事件のさいには、お龍が助けを求めて薩摩藩邸に駆け込んだ。寺田屋から薩摩藩邸までは1キロほどの道のりである。奉行所役人に捕らえられる危険もある中で、暗い夜道を必死の思いで駆けたことだろう。幸いにも伏見留守居役・大山彦八(おおやまひこはち)に取り次いでもらうことができ、危ういところを救出された龍馬は、お龍とともにこの藩邸で数日過ごしたあと、ひと月後二人そろって鹿児島へ向かった。(→「龍馬とお龍の新婚の旅」)

鳥羽伏見の戦いが始まると、薩摩軍(新政府軍)は、旧幕軍の拠点である伏見奉行所近くの御香宮神社に移動した。その間に会津藩兵らの襲撃を受け薩摩藩邸は焼き払われた。

PHOTO

(松山酒造の塀の外に建てられた薩摩藩邸跡の碑)

(天璋院篤姫が13代将軍家定への輿入れの旅で、途中この藩邸に立ち寄った。→「篤姫誕生地(鹿児島)」)

(碑の横の説明板)

(濠川にかかる橋から)

(龍馬が寺田屋で襲われたという知らせを受けた薩摩藩は、この濠川から舟で救出に向かった)

史跡マップ
史跡マップ 会津の史跡 流山の史跡 多摩の史跡江戸の史跡 横浜の史跡 関東の史跡 静岡の史跡京都の史跡萩の史跡山口の史跡 下関の史跡 長崎の史跡 鞆の浦の史跡高知の史跡鹿児島の史跡 霧島の史跡