幕末トラベラーズ

江戸の史跡

千葉定吉道場跡
(ちばさだきちどうじょうあと)

東京都中央区八重洲2丁目

千葉定吉は、北辰一刀流の創始者・千葉周作の弟。坂本龍馬は嘉永6年(1853年)、剣術修行のため故郷の土佐を出て、江戸の千葉定吉道場に入門した。

千葉定吉道場があった場所は、東京駅からほど近い鍛冶橋交差点角・八重洲三井ビルのあたりと言われているが、異説もある。(道場跡を示す標識などはない)

千葉定吉道場跡

坂本龍馬が千葉定吉道場で修行を始めてまもなく、ペリー艦隊が浦賀沖に現れた。龍馬は藩命により品川の土佐藩下屋敷の防備の任にあたる。「いくさになれば異人の首を取って帰ります」と家族宛に手紙を送っている。日本中を揺るがすこの大事件に直接遭遇したことは、後の龍馬の生き方に大きな影響を与えた。

定吉の息子の重太郎は、龍馬の一回りも年長だったが、よき相談相手で親友でもあった。開国派の勝海舟を暗殺するため、文久2年(1862年)11月、龍馬とともに勝海舟邸に出かけたが、龍馬のほうが勝の論に心服しその場で門人になってしまったという逸話がある。

千葉定吉の二女・佐奈(さな)は、才色兼備で「千葉の鬼小町」とも呼ばれた剣の使い手だった。道場門弟となった龍馬と相思相愛の仲になり、婚約を交わしたと言われるが、その後国事に奔走しはじめた龍馬と結ばれることはなく、生涯独身を通したと言われている。

PHOTO

(JR線路側から見た鍛冶橋交差点。交差点角の「常陽銀行」の看板のビル周辺に千葉定吉道場があったと言われている)

(この道路の向かい側あたりに千葉道場の建物があったか)

史跡マップ
史跡マップ 会津の史跡 流山の史跡 多摩の史跡江戸の史跡 横浜の史跡 関東の史跡 静岡の史跡京都の史跡萩の史跡山口の史跡 下関の史跡 長崎の史跡 鞆の浦の史跡高知の史跡鹿児島の史跡 霧島の史跡