幕末トラベラーズ

江戸の史跡

勝海舟(勝安房)邸跡
(かつかいしゅう(かつあわ)ていあと)

東京都港区赤坂6丁目

旧幕府側代表として西郷隆盛と談判し、江戸無血開城を実現させた勝海舟が、明治期になってから住んだ邸宅跡。

平成5年(1993年)まで港区立氷川小学校となっていたが、その後、特別養護老人ホーム、赤坂子ども中高生プラザとして利用されている。

勝海舟(勝安房)邸跡

幕末から明治にかけて、幕臣として活躍した勝海舟が明治5年(1872年)の49歳から満76歳で亡くなるまで住んでいた屋敷の跡地。その間、参議・海軍卿、枢密顧問官、伯爵として顕官の生活を送り、傍ら有名な「氷川清話(ひかわせいわ)」などを遺した。(東京都の案内板より)

勝は幕末期にこの地からほど近い赤坂本氷川坂下(もとひかわざかした)に住んだが、明治元年に徳川慶喜の隠居にしたがって静岡に転居した。明治5年(1872年)にふたたび江戸に戻り、赤坂のこの地を終(つい)の棲家とした。

PHOTO

(明治になってからの勝海舟の邸宅跡。氷川小学校廃校後、老人施設と子どもプラザとして利用されている)

(石碑の左には「氷川小学校」の銘板が残る)

(「勝安芳邸跡」の石碑と説明板。勝は維新後、「安房」と官位で呼ばれることを嫌ったのか、安房の文字から転じた安芳(やすよし)

(六本木方面から坂を登ってきたところ)

史跡マップ
史跡マップ 会津の史跡 流山の史跡 多摩の史跡江戸の史跡 横浜の史跡 関東の史跡 静岡の史跡京都の史跡萩の史跡山口の史跡 下関の史跡 長崎の史跡 鞆の浦の史跡高知の史跡鹿児島の史跡 霧島の史跡