幕末トラベラーズ

江戸の史跡

興禅寺
(こうぜんじ)

東京都港区白金6丁目

会津藩家老・萱野権兵衛は、(戊辰戦争中、会津藩が新政府軍に抵抗した)会津戦争の責任を取り切腹した。その墓がここ東京・白金の興禅寺にある。

興禅寺

会津藩主・松平容保の側近だった家老の萱野権兵衛(かやのごんべえ)(本名・萱野長修(ながはる))は、会津戦争の責任は藩主ではなく自分にあるとして、主君・容保を擁護した。この結果、松平容保は助命され、萱野は明治2年(1869年)に飯野藩保科家下屋敷にて切腹。墓はここ白金・興禅寺と会津・天寧寺にある。

【関連ページ】

天寧寺 【会津の史跡】

PHOTO

(聖心女子学院の煉瓦壁にそって、蜀江坂(しょっこうざか)を登り切った右手に興禅寺がある)

(会津藩主松平容保の忠臣・萱野権兵衛が眠る興禅寺)

史跡マップ
史跡マップ 会津の史跡 流山の史跡 多摩の史跡江戸の史跡 横浜の史跡 関東の史跡 静岡の史跡京都の史跡萩の史跡山口の史跡 下関の史跡 長崎の史跡 鞆の浦の史跡高知の史跡鹿児島の史跡 霧島の史跡