幕末トラベラーズ

会津の史跡

旧滝沢本陣
(きゅうたきざわほんじん)

会津若松市一箕町滝沢

滝沢本陣は、会津城下から白河を経て江戸に通じる白河街道沿いにあり、参勤交代をする藩主が滝沢峠を登る前にここで休息をとった。

戊辰戦争時には、出陣する松平容保の陣屋(本拠地)となった。

旧滝沢本陣

旧滝沢本陣横山家住宅は、国の重要文化財に指定されている。戊辰戦争で松平容保が出陣したおりここが本営となった。白虎隊も藩主護衛のためここに駐在し、救援要請を受けて出陣。戸ノ口原戦場へ向かったあと、部隊の一部が飯盛山に敗走して自刃した。主屋・座敷が当時のたたずまいをよく伝えており、戊辰戦争当時の弾痕や刀傷も残っている。

PHOTO

(旧白河街道(会津街道)沿いに残る滝沢本陣跡。藩主が江戸へ出立するおりにはここで休息をとった)

 

 

(本陣正面)

(高札風の説明板)

(白虎隊もここから出陣した)

史跡マップ
史跡マップ 会津の史跡 流山の史跡 多摩の史跡江戸の史跡 横浜の史跡 関東の史跡 静岡の史跡京都の史跡萩の史跡山口の史跡 下関の史跡 長崎の史跡 鞆の浦の史跡高知の史跡鹿児島の史跡 霧島の史跡