幕末トラベラーズ

会津の史跡

阿弥陀寺
(あみだじ)

会津若松市七日町

会津戦争のとき、戦死した会津兵士ら1,300名あまりがここ阿弥陀寺に埋葬された。後半生を会津人として生きた元・新選組隊士、斎藤一の墓もここにある。

阿弥陀寺

阿弥陀寺は慶長8年(1603年)に良然和尚が開いた浄土宗寺院。戊辰戦争で会津が戦場となり、多数の会津藩士らが命を失った。当初、戦死者の遺骸は西軍(政府軍)の命により埋葬することも許されず、野ざらし状態が続いたといわれる。

明治2年になってようやく阿弥陀寺に1300人が葬られ、現在も彼岸の供養会が行われているという。

元・新選組隊士だった剣の達人・斎藤一(さいとうはじめ)は、その隊士としての最後を会津藩のためにささげ、この地で決死の戦いを繰り広げた。しかし武運つたなく会津藩は新政府軍に降伏。斎藤はその後西南戦争に従軍。警視庁を退職したあとは、東京教育博物館、女子高等師範学校に勤め、大正4年(1915年)に病死。ここ阿弥陀寺に眠っている。

PHOTO

(市内中心部から、日光街道を西(写真右方向)へ向かうと、只見線の線路を越える手前に阿弥陀寺がある)

(阿弥陀寺の東側の門の向こうに、以前鶴ヶ城の一部だった「御三階」が建っている)

(右が本堂。左が「御三階」。2階と3階の間に小さな部屋があり、その分少し高さがあるのがわかる)

(御三階の説明板)

(戊辰戦争の会津側犠牲者は、当初埋葬することも許されず、のちに長命寺とここ阿弥陀寺に葬られた)

→この他の写真を見る

史跡マップ
史跡マップ 会津の史跡 流山の史跡 多摩の史跡江戸の史跡 横浜の史跡 関東の史跡 静岡の史跡京都の史跡萩の史跡山口の史跡 下関の史跡 長崎の史跡 鞆の浦の史跡高知の史跡鹿児島の史跡 霧島の史跡