幕末トラベラーズ

或る旅人のつぶやき
←前の記事
練兵館跡
練兵館跡(東京都千代田区)
明治維新150年

来年(2018年)は「明治維新150年」。つまり2018年−150年=1868年(明治元年)。ということで幕末維新にゆかりの深い地ではさまざまなイベントが予定されているようです。

ところでいつをもって「明治維新」とするかは少し微妙な問題です。

明治に改元されたのは、西暦でいえば1868年という年の後半の10月23日(改元前は「慶応4年」)です。ところがその前年の1867年に「大政奉還」さらにそれに続く「王政復古の大号令」という大事件が起こっていて、実質的に「明治新政府」が誕生していました。

改元された年ではなく、明治政府ができたときをもって明治維新とするなら、明治維新150周年というのは、来年ではなく今年(2017年)ということになりますね。

ところで「大政奉還」と「王政復古の大号令」の意味の違いがよく分からないという人がいます(私もそうでした。学校の日本史の授業ではあまりていねいに教えられないようです)。

大政奉還によって、徳川幕府は政権を朝廷に返しました。そこでもう徳川の時代は終わって新しい世の中が始まり、幕府に敵対していた人々も満足するんじゃないかという気になりますよね。

ところが実際は徳川幕府は(将軍・徳川慶喜は)、大政奉還で自分たちの権力を手放すつもりはさらさらありませんでした。形式的に政権を朝廷に返しても、実質的には徳川家の天下は続くだろうという見通しをもっていたのです。朝廷側は政権を急に返されても、日本を統治するためには最大の経済力と軍事力をもった徳川家に依存せざるを得ない。したがってたとえば、議会政治を取り入れて、いろんな藩のメンバーが政治に加わるようになっても、その首相や大統領といった地位に徳川家がつけばよいのです。

徳川慶喜は、討幕の動きを鮮明にしつつあった薩摩や長州の動きを牽制するために大政奉還という策を採用したのでした。

これに対して、討幕派は、「このままではいかん。新しい政府から徳川家を完全に排除する必要がある」との決意で、朝廷クーデターを起こしました。これが王政復古の大号令となったのですね。

詳しくは、「気まぐれ人物伝 〜徳川慶喜〜」をご覧くださいね!

←前の記事