幕末トラベラーズ

流山の史跡

羽口の渡し跡
(はぐちのわたしあと)

羽口の渡し跡
千葉県流山市下花輪

「賊軍(新選組)が流山に入った」報を受けた新政府軍は、砲隊を編成して江戸川を渡り、流山村の北側に位置する渡船場「羽口の渡し」に着岸した。

羽口の渡し跡

慶応4年(1868年)4月1日まで五兵衛新田の金子家を本拠地として隊士の徴募を行っていた新選組は、翌2日未明に流山にはいり、本隊は味噌屋(長岡屋)に、その他は光明院、流山寺に分宿した。

「賊軍(反政府勢力)が流山に集結している」という情報は、その日のうちに江戸から宇都宮に移動中の東山道軍総督府大軍監・香川敬三のもとに届き、香川は3日の早朝、宿所の粕壁(春日部)から4小隊を率いて流山に急行した。

香川率いる官軍が越谷を経て、羽口の渡しで江戸川を渡ったのが3日の午後3時から4時ころとされる。

PHOTO

(新政府軍が着岸した羽口の渡し跡。かつて江戸川の両岸を結んでいた8箇所の渡船場の跡には流山市観光協会によって標柱が設けられ、当時を偲ぶよすがとなっている(写真は川を背にしている))

(近藤勇が官軍に連行された矢河原の渡しは、ここから下流へ1.5km)

史跡マップ
史跡マップ 会津の史跡 流山の史跡 多摩の史跡江戸の史跡 横浜の史跡 関東の史跡 静岡の史跡京都の史跡萩の史跡山口の史跡 下関の史跡 長崎の史跡 鞆の浦の史跡高知の史跡鹿児島の史跡 霧島の史跡